Q & A
FAQ

お客様からいただく、よくあるご質問のQ & Aです。

『ドライクリーニング』ってなんですか?

水を使わずに「有機溶剤」を使って洗うクリーニングのことを言います。

水で洗うと型崩れや縮み、色落ちなどが起こる衣類を、水の代わりに有機溶剤を使うことによって衣類へのダメージを抑えた洗濯方法です。

最近、家庭用にドライクリーニング用剤という商品が販売されていますが、これらはドライ用衣料品をご家庭で水洗いしても型崩れがしにくい洗剤という意味で、ドライクリーニングではありません。

ドライクリーニングはどんな汚れが落ちますか?

ドライクリーニングは有機溶剤を使っている洗濯方法です。

有機溶剤とは主として油から作られています。そのため、油汚れ(比し、食用油、機械油など)は非常に良く落とすことが出来ます。

その半面、水溶性の汚れ(汗、果汁、アルコールなど)はドライクリーニングでは落ちにくいという弱点はあります。そうしたシミや汚れは水を使ったウェットクリーニング(水洗い)が有効です。

他店で『このシミは落ちません』と言われました。プラスワンさんでは落とすことが出来ますか?

プラスワンではシミ抜きに力を入れて取り組んでおります。

すべてのシミが落ちるわけではありませんが、出来る限り努力を致します。

電話でお問い合わせいただく場合もありますが、実際に見せていただいてシミがどこまで落ちそうか判断させて頂きます。

クリーニング店から持ち帰った後、ビニールが被さったまま保管した方が良いですか?

クリーニング店に出すと仕上り品にビニールが包装されていますが、これはきれいに仕上がった品物を汚さずにご自宅までお持ちいただくためのもので、保管するためのものではありません。

ビニールがかぶさったまま収納してしまうと、湿気がこもってカビの原因になりますので、ビニールを外して収納していただくことをお勧めします。

衣類を収納するときに注意することはありますか?

お気に入りの洋服を長く着られるようにするためには上手な収納が大事です。

衣類を収納するときに特に気をつけたいのが、衣類を食べる害虫の活動が活発になる春先の『害虫対策』。また、湿気が多くなる梅雨の時期の『カビ対策』。そして、保管してあった洋服をいざ着よう思ったら黄色いシミになっていたとならないように『変色対策』などが重要です。

保管してあった洋服を着よう思ったらカビが発生していました。
クリーニングでカビを落とすことは出来ますか?

染み抜きでカビを除去することは可能です。ただ実際のところ、カビの種類、生地の種類、染料の種類によって処理方法が異なります。

デリケートな素材の衣服にカビが発生した場合、強い薬剤を使用すると繊維や染料に悪影響が出てしまうため完全にカビを除去するのは難しいケースもあります。

カビが増殖する原因は『栄養分』「湿度」「温度」です。

ほこりや食べかす、洗剤の洗い残りなど洋服にもカビの栄養となるものはいくらでもあります。湿気さえあればカビの菌がすぐに発生してしまいますし、その上日本は湿気が多く、特に梅雨の時期は湿度と温度が高いま日が続きます。

しかし衣類のカビは対策をすれば防ぐことが出来ますから、しっかり対策をしてカビをよせつけないようにしましょう。

具体的な対策を以下にまとめました。

  1. 衣類を濡れたまま、湿気たまま放置しない。
  2. 衣類の保管は必ず洗ってから。湿度を減らすためにこまめに換気を行いましょう
  3. タンスやクローゼットではぎゅうぎゅう詰めにせず、風の通り道を作りましょう
  4. クリーニングに出して被さっているビニールは外してから収納しましょう
  5. もしカビが発生したら、初期段階でしたら洗濯をすればカビを取り除くことが出来ます。
    ご家庭で洗濯できないものや、どうしても取れない場合はクリーニング店へご相談下さい
保管してあった洋服を着よう思ったら虫食い箇所がありました。
虫食いをクリーニングで目立たなくすることは出来ますか?

虫食いで穴が開いてしまった箇所をクリーニング店や洗いやプレスだけで目立たなくすることは出来ません。

虫食い穴は「カケハギ」や裏から布を張り付けて目立たなくする修理で補修することが出来ますが、何でも修理できるわけではありません。特にセーターなどのニット製品はカケハギが出来ません。またカケハギは特殊な技術を要するため修理代が高額になってしまいます。

お気に入りの洋服をいざ着ようと思ったら虫食いになっていて着られなかった・・・とならないために外注対策をしっかりしましょう。

具体的な対策を以下にまとめました。

  1. 一番は保管するときにキチンと防虫剤を入れることです。防虫剤は目には見えないガスが発生しています。このガスは空気より重いという特徴があります。
    ガスがないと効果がありませんので、必ず洋服の上に防虫剤があるようにして全体にガスが行きわたることが大事です。
    市販の防虫カバーや防虫シートなどを上手に使って、対策をしましょう
  2. 違う種類の防虫剤を一緒に使うとシミになることもあります。
    新しいものに取り換えるときは、以前に使っていた防虫剤の成分が残っていないか注意しましょう。
  3. そもそもなぜ害虫がクローゼットに入り込んでくるのかと言うと、春から夏に白いシャツを着て外出した時に虫が付いてしまい、家の中へ侵入すると言われています。
    なぜ白いシャツかと言うと、衣類を食べる害虫は白系の花を好み、白系の洋服も好みます。ですから外出して帰宅したときや、洗濯物を外へ干して取り込むときに虫が付いていないかチェックすることで害虫の侵入を防ぐことが出来ます。

プライバシーポリシー
POLICY

有限会社 プラスワンは、お客様からお預かりする個人情報を適切に保護することが、重要な社会的責務であると考え、お客様の個人情報保護に関するプライバシーポリシーを制定し、個人情報の保護、管理、利用を徹底してまいります。

 

1.個人情報の収集について

お客様の「個人情報」とは、氏名・住所・電話番号・Eメールアドレス等の特定のお客様個人を識別することができる情報をいいます。収集目的が達成され、保管する必要がないと弊社が判断した場合、速やかに消去いたします。

 

2.個人情報の利用目的

お客様から個人情報をご提供頂く場合、その情報はお客様からのお問い合わせ及びご要望に対して回答または対応する目的、または個人情報を頂く際に予め明示する目的のみに利用致します。 お客様の個人情報をこれらの正当な目的以外に無断で利用することはありません。

 

3.個人情報の開示、訂正、削除について

お客様がご提供いただいた個人情報の開示、訂正、削除を希望される場合は、個人情報をご提供いただく特定のウェブページに記載された連絡先までご請求ください。ご請求がお客様ご本人によるものであることが確認でき次第、対応させていただきます。

 

4.個人情報の第三者への提供

お客様からのご提供頂いた個人情報は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで個人情報を第三者に提供しません。

(1)お客様に明示した利用目的を実現するために、当社または当社の業務委託先に対し必要な範囲で開示を行う場合

(2)法令等により開示を求められた場合

(3)人の生命、身体または財産等の重大な利益を保護するために緊急に必要がある場合

 

 5.プライバシーポリシーの更新について

お客様の個人情報の保護に関する日本の法令および規範を遵守するとともに、本ページの内容を適宜見直し、継続的な改善に努めてまいります。

 

プライバシーポリシーに関するお問い合わせ先

有限会社 プラスワン

Tel : 024-934-5601